物理的対策、予防対策|京都市右京区の梅津動物病院・西京区の桂坂どうぶつ病院

梅津動物病院

お問い合わせ
  • 0758632111
  • 0753353080
image

スタッフブログ

対策様々

早いもので7月ももう半ばですね。

晴れの日は洗濯物がさっぱりと綺麗に乾いてくれてありがたいです🌞👕

そんな中、私は先日レトロな✨蚊帳✨を手に入れました。

 

蚊や羽虫が部屋に入ってくることが多くなりましたが、虫は苦手で

いつも手で追い払ったり死骸をティッシュでくるんで捨てたりする

くらいのことしかできないので、寝ている間までわずらわされたくないと思い

吟味した結果、吊り下げ式の蚊帳の購入に踏みきりました。

 

円柱型のものを天井から吊ってベッドに覆いかぶせて使っていますが、

買ってから2日後くらいに蚊帳の外側で羽虫が引っかかってお亡くなりに

なっていたので一応役立ってくれているようです😌

 

購入を検討中に色々調べていると、ペット用の蚊帳もあることを知りました。

折りたたみ式のテント型や、ケージに被せて使う形のものなど様々なタイプがあるようです。

蚊はフィラリア症を媒介する危険が第一にあげられますが、単純にわんちゃんねこちゃんも

咬まれると痒いですし皮膚疾患をおこす怖れもありますのでこういったものを使って

対策してあげるのもいいかもしれませんね🐶🐱

 

ただ、フィラリア症は予防薬での駆虫がなにより肝心です!!

今年の投薬がまだの方はお早めに来院していただき、まず現在フィラリア症に

かかっていないかの検査をしてから予防薬を飲ませてあげてください。

(※桂坂分院は現在予約制です。事前にお電話でご予約をお願いいたします。)

 

「予防を忘れてしまっていた、去年の薬の残りがあるから急いで飲ませよう」と思われた方、

万一フィラリア症にかかってしまっている場合、その状態で予防薬を与えてしまうと

重篤な副作用をおこすことがありますので必ず先に検査をお願いいたしますね。

既に検査をして予防薬をお持ちの方は12月まで毎月忘れず投薬をしてあげましょう!😁👍

 

桂坂分院動物看護師 山田